解体工事でよくやること

家の解体工事などで確実にやることが実は水巻きになります。要するに水をぶっ掛ける、ということです。特にコンクリート製の建物を壊すときにはやります。これはどういうことであるのか、といえば粉塵が飛ぶからです。それが周りの迷惑になる、ということです。とにかく水をまいておく、ということをすることが多いです。そんなことで防ぐことができるのかカバーなどをしたほうがよいのでは、と思うかもしれませんが、カバーもします。例えばそもそも家を建てるときなどに全体にカバーをしたりするところは見たことがあるでしょう。それも粉塵対策になります。もちろん、そちから埃があまり入ってこないように、ということでもあります。しかし、解体作業の場合、こちらから飛ばないように、というのがメインになります。周りに迷惑をかけること、というのがとにかく駄目なことになりますから、これはしっかりとやって欲しい行為であるといえるのは間違いないでしょう。

鉄骨造の解体工事の費用・坪単価はどのくらい?